夏の高原へ

夏は海か山かといえば山の方が好き。
だいたい我が子はまだ海に連れて行って喜ぶ歳でもないし、ということで先日の3連休、清里高原に1泊2日の旅へ。
ここ数年は旅行というと混雑を避けてなるべく平日を利用していたのですが、そんなに都合良く平日ばかり休みを取れるわけもなく今回は久々に3連休の2、3日目での旅となりました。
休日ということもあり渋滞覚悟で朝食もそこそこに我が家を出発。
途中でちょっとした渋滞に巻き込まれながらもとりあえず相模湖I.Cから中央高速に入ると、混んではいるもののなんとか流れている状態。上野原からは3車線になるのでノロノロも解消で普通のちょっと交通量の多い高速道路になってくれたのでちょっとラッキー、などと思っていると休憩を予定していた談合坂S.Aは入り口渋滞でスルー。次の初狩P.Aでの休憩に急遽変更、と思ったら何とココも入り口渋滞。結局その次の釈迦堂P.Aでの休憩となりました。
清里ぐらいの距離だったら本当は休憩取らずに一気に走ってしまうところなのですが、まだ小さい子供がいるのでやはり休憩は出来るだけ取るようにしないとマズいですよね、やっぱり。
トイレ&飲み物休憩を終えて再び高速へ。そして清里へ向かうのだったら須玉I.Cで降りるのですが、今回は韮崎I.Cで降りてちょっと寄り道。
北杜市にあるこんなテーマパークに行ってきました。
b0130569_9191596.jpg

山梨県立フラワーセンター ハイジの村
というところです。
名前の通り「アルプスの少女ハイジ」のテーマパークで、スイスチックな町並みが再現されていたり、花壇が整備されていたりヨーゼフが何匹もいたり…汗
そうそう、こんなものも再現されています。
b0130569_23145634.jpg

ハイジとおじいさんが暮らすアルムの山小屋です。
おじいさんが木製の器によそってくれるスープやミルク、パンにとろけるチーズを乗せて食べる。あれ、本当に美味しそうでしたよね。子供ながらに「美味そう!」と思ったものです。
でも、我が子はハイジ関係のモノのは当然一切興味ナシ。
そんなツコ様をトリコにしたのは、キッズガーデンなるエリア。まあ、その、要はすべり台やプレイジムといった遊具の数々です。これがあるの知っていて行ったので思惑通りの展開なのですが、今回あらたに喰いついたのがコレ
b0130569_23313957.jpg

輪投げです。
って、投げてないじゃん…
彼的には思いっきり投げている…つもり、です。
相当面白かったようで何度も何度も投げて?掛けて?喜んでいました。
ひとしきり遊んで、お昼御飯も食べて、次の目的へ出発。

向かった先は清里にある小須田牧場。ここは牛の牧場ではなく、乗馬をメインとした観光牧場です。でも、今回訪れた目的は乗馬ではなく「馬」です。
実はこの牧場にはかつてターフを沸かせた2頭の名馬が余生を過ごしているのです。
まず1頭目
b0130569_2341495.jpg

「マチカネタンホイザ」という馬です。名伯楽・伊藤雄二調教師の管理馬で同期にはミホノブルボン、ライスシャワー、レガシーワールドといった個性的な面々が顔を揃えます。G-Ⅰ勝利こそありませんが重賞4勝の実績や父ノーザンテーストといった血統的魅力を買われ現役引退後は種牡馬となりましたが、残念ながら活躍馬を輩出することなく種牡馬を引退して余生をここで過ごしています。
2頭目は
b0130569_2356498.jpg

「マチカネフクキタル」という馬です。同期には2冠馬サニーブライアン、悲運の名馬サイレンススズカ、海外重賞2勝馬ステイゴールドなど錚々たる面々が顔を揃えます、あっ、マチカネワラウカドも。現役時代には菊花賞トライアルの神戸新聞杯、京都新聞杯を連勝、勢いそのままに本番の菊花賞でも上がり3ハロン33.9の末脚を爆発させて一気に頂点まで登りつめました。引退後はG-Ⅰ馬といこともあり父クリスタルグリッターズの後継種牡馬としての期待も高まりましたが活躍馬を輩出することなく種牡馬を引退して余生を過ごしています。
この2頭は以前、北海道へ牧場見学に行った際に見学したことのある馬たちですが、活躍馬の余生ですら安住ではない日本において、時が過ぎて種牡馬を引退した後も元気に余生を過ごしている姿を見ることが出来てホッと一安心です。

小須田牧場を後にして、いよいよ今宵の宿へ。
今回の宿は清里にある「赤ちゃんペンション めーぷる」です。
名前の通り子供連れのファミリーに大変理解のある宿で、子供食の充実はモチロン、ホールはプレイルームになっていて山のような玩具の数々に子供たちは大喜び。また広い芝生のお庭も高原の雰囲気たっぷりで、子供が駆け回るのにピッタリのロケーションです。
我が家のツコ様もここには大喜び。着いてすぐにホールで遊びだし、夕食が終わったらまたまたホールへ。大興奮で遊ぶ我が子の姿に、連れてきて良かった良かったと思いました。
そして翌日。
前日はホールの玩具たちに夢中でお庭遊びはしなかったツコ様。この日は前日よりお天気も良く、芝生の絨毯へgo!
b0130569_9592510.jpg

おっかなびっくりブランコに乗ったり、シャボン玉を追いかけまわしたり、この日も朝から大ハッスル。宿を後にした後はお約束の清泉寮に行き美味しいアイス&ミルクを堪能。標高1450Mにあるまきばレストランで昼食を楽しみました。
愛車のPOLOクンはというと、清里周辺の急峻なワインディングも軽快に走ってくれて気持ちの良いドライブをしてくれました。
b0130569_10315824.jpg

ということで、ツコ様も私たちも大満足の高原旅行でしたが、やはり3連休の最終日ということもあり帰途は大渋滞に嵌り、通常の倍近い時間をかけて自宅に到着しました。

[PR]
# by HandDphoto | 2012-07-19 10:45 |

GW後に四万温泉へ

GWはどこに行っても混雑&お値段高いので遠出は控えてる我が家。
でも気候の良い5月にどこかに行きたいと思っていたので、今回は群馬県にある名湯・四万温泉に行ってきました。

以前は車での群馬県方面への旅行はアクセスが悪くちょっと面倒でしたが、圏央道が出来てからはアクセスも格段に良くなり気軽に行けるようになりました。
ということで今回は先日開通したばかりの高尾山I.Cから圏央道に乗り、まずは伊香保へ。
目的は日帰り温泉…ではなく、讃岐、稲庭とともに日本3大うどんに数えられる水沢うどん。
圏央道から鶴ヶ島JCTを経由して関越道へ。降り口はスマートインターチェンジのある駒寄P.Aです。
途中、狭山P.Aでツコ様を遊ばせたりして時間を使っても、おおよそ3時間で水沢うどん街に到着。日本3大うどんの名に恥じぬ強い腰のうどんを堪能させていただきました。肝心の写真ですが、撮ろうとは思っていたのですが、いざうどんが来るとその誘惑に勝てず喰ってしまい…汗

ま、まあ、気を取り直して。昼食後はお天気も良かったので榛名山へ。水沢から榛名へといえば、言わずと知れたアノ峠道です。頭文字Dの。
伊香保温泉の階段口を過ぎるとすぐに「秋名の下り」ゴール地点。そこからランエボや高橋涼介が86にかわされたコーナーを抜け、5連続ヘアピンなんかを体感。モチロン速さはイツキなみですが…
そんなこんなで榛名山に到着。ロープウェイで山頂に行くと
b0130569_23565418.jpg

こんな絶景がお出迎え。
関東平野一望で空気の澄んだ日には東京スカイツリーも見えるらしいです。
一方、北に目を向ければ雪を頂いた三国連山、西には浅間山と大パノラマが広がっていました。

最高の景色を堪能して、いよいよ四万温泉へ。
途中で野猿の一団に遭遇するハプニングなどもありつつ、温泉街に入る前にちょっと寄り道。
神秘的なコバルトブルーの湖面が美しい…らしい四万川ダムへ。
b0130569_045056.jpg

コバルトブルーっていうから、カナディアンロッキーのモレーンレイクみたいなのを想像していましたが、この日はまあ綺麗な湖っていう感じでした。何でも日や時間によって色が変わるらしいので、こればっかりは運ですね。
ちょっと肩透かしを食らいつつダム直下の温泉街へ向い、宿にチェックインする前にこんな旅館をチョイ見してきました。
b0130569_010966.jpg

開業300余年の老舗旅館、積善館です。
正面の本館は現存する日本最古の湯宿だそうで、県指定重要文化財にも指定されています。また、宿手前にかかる赤い欄干の慶雲橋は「千と千尋の神隠し」のイメージモデルになったとか。
意外とリーズナブルなお値段で宿泊できるので泊まってみたいとも思いましたが、ツコ様がそんな由緒正しい建物に傷でもつけたら大変なので今回は別のお宿にしました。
そのお宿がココ。
b0130569_023910.jpg

四万温泉の入り口近くにある湯元 四萬館です。
戦前には太宰治や井伏鱒二らの文豪も逗留した宿で、無料の貸切露天風呂が5か所あり楽しめそうだったのがチョイスのポイントです。まあ、あとは安いプランがあったということなんですが。
大人2人&幼児(食事&布団付き)で2万そこそこの料金なので、食事はさすがに部屋出しというわけにはいかず食堂でしたが料理はまあまあ、お子様ランチもなかなかのものを出してくれて満足満足。
温泉も5か所の貸切露天&大浴場を完全制覇して、日常の垢を綺麗に洗い流すことが出来ました。
温泉というと美味しい海の幸を求めて最近は特に伊豆箱根ばかりだったのですが、山中の渓流沿いの露天風呂はやっぱり気持ちイイですね。渓流の音をBGMに満天の星空を眺めながらの露天風呂は最高でした。

そして翌日。旅館を後にして向かった先は、みなかみです。
谷川岳ロープウェイで気軽に標高1300Mの天神平まで登ってみると、そこはまだ一面の銀世界。眼前には残雪を頂いた谷川岳がそびえ立ちます。
b0130569_22403933.jpg

ツコ様もさっそく貸出用の長靴に履き替えて雪上散歩、のはずだったのです一番小さい子供用の長靴でもまだ大きかったみたいで2,3歩歩くとすぐに脱げてしまう感じだったので残念ながら抱っこで雪山を堪能。
それでも今までに見たこともない景色に
「うぉぉぉぉぉ~」
と目を大きく見開いて唸っていました。
b0130569_22505850.jpg

本当はこの後、一の倉沢に行って見たかったのですが、ロープウェイ駅から先の道は5/31に開通予定ということで行けず。お天気も良かったので最高の絶景を期待していただけに残念です。
ということで、近くの蕎麦屋で昼食をいただき道の駅でお土産なんかを物色した後に帰路につきました。

さて、先日無事に1年点検も終えたPOLO様の走りはというと、相変わらず快調そのもの。抜群の直進安定性とこのクラスにしてはデキのいいシートのおかげもあって、高速での長距離移動もラクチン、ラクチン。追い抜きでちょっとアクセル踏んでみたり、山道でちょっとエンジン回してみたりと特に燃費を気にすることもなく走りましたが、車載の燃費計上では約19km/l。気温が結構上がっていたのでエアコンも使用していたことを考えると、まあまあの数字じゃないでしょうか。燃費に気を使って走っていれば確実に10.15モード超えの記録だったと思います。

さて、今度はどこに行こうかな。夏の時期にどこかへ遠出したいですね。

[PR]
# by HandDphoto | 2012-05-17 23:24 |

D様へ

先日、リコールの修理でD様へ行ってきました。
修理内容はというと先のblogで書いたとおりターボ関係とDSG関係の2点。ターボ関係の対策は1年点検の時にやってもらっていたので、DSGのプログラム書き換えだけでOKと思っていたら
「対策部品をこの間のモノから、メーカー指定のモノに交換します」
とのことで、2点とも修理対象に。
まあ、作業は小1時間で終了したので良かったのですが、子連れでのD様訪問となってしまったのでキッズコーナーに張り付きで、POLOブルーモーションなどのクルマは全然見れず…
b0130569_043916.jpg

平日でショールームもガラガラ、POLOブルーモーションの試乗車も空いていたのに……
まあ、ツコ様が大声をショールーム内に響かせながら楽しんでいたので良しとしましょう。
で、作業後のインプはというと、何か変わった???程度。まあ故障対策だからそんなに劇的に変わるわけないんですけどね。
ということで、相変わらず軽快な走りをしてくれるPOLOクンです。

そうそう
「クロスポロに1.4L140psのTSI乗っけた4モーション仕様があったらイイのに」
と、ちょと思いました。

[PR]
# by HandDphoto | 2012-05-04 00:15 |

リコール

b0130569_2336329.jpg

案内通知が届きました。
主な内容は2点で、ターボ関係とDSG関係。
ターボ関係については先日の1年点検で対策済みなのでOKですが、DSGの対策はまだなのでプログラムのアップロードを行うみたいです。とりあえずサービスには来週末に予約とったからPOLOブルーモーションの見学がてら行ってこようと思います。

[PR]
# by HandDphoto | 2012-04-20 23:41 |

POLO1年点検

早いものでVOLVO V40からPOLO TSIに乗り換えて1年。
先日、12ヶ月点検に出してきました。
Dさんにお願いしたのは

①タイヤローテーション
②オイル&フィルター交換
③エンジンルームの燃料パイプからのカラカラ音解消(一度対策済みも完治せず)
④一時期1500回転ぐらいで、出来の悪いスーパーチャージャーみたいな過給音?発生があったのでターボ関係点検
⑤昨秋一度だけ、キーを抜いたのにいきなりラジオが流れ出す超常現象が発生したので、そのチェック
⑥鋭角な右左折発進時、たまに軽いジャダー発生のためDSG点検

以上の6点です。
①②に関しては、そのまんまの作業で終了
③はPOLOでは最もポピュラーな症状で、以前Dさんで燃料パイプ付け根付近に綿?的なものを詰めてもらってある程度改善されてはいたんですが、今回はちゃんとした対策出ていたみたいで完治。
④はターボトラブル事例も散見されての対策と思われる、ウェイストゲート関係の対策部品を装着
⑤は電気系統のエッセンシャル?で対策
⑥は症状再現できず、DSG再調整で様子見
といった感じで、料金はオイル&フィルター代のみで1万ちょっと。
ジャダー以外の不具合っぽいものはちゃんと対策打てたので、まあOKでしょう。DSG自体も調整後まだ1回もジャダーは出ていないし今のところは快調そのものです。

先日も伊豆方面まで走ってきましたが、走りっぷりは軽快そのもの。伊豆スカイラインの起伏も軽々とこなし、十国峠~箱根峠付近のちょっと狭い道でもなかなかのフットワークを見せてくれます。やっぱり「軽さ」はクルマにとって最大の武器ですね。走らせて楽しいクルマです、POLOは。

走行距離は1年で約6500km。昨年は購入直後に大震災があり、いちばん乗りまわしたい1ヶ月間ほとんど乗らなかったこともあったのでまあこんなもんかな、と。
今年は5月には息子も2歳を迎え、昨年よりお出かけ回数も増えると思うのでもうちょっと距離は伸びると思います。

[PR]
# by HandDphoto | 2012-02-28 23:25 |


愛車と美味しい物と日常の出来事を綴ります


by HandDphoto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
お出かけ



日常
登山
赤ん坊
未分類

以前の記事

2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

Link

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧