<   2009年 01月 ( 3 )   > この月の画像一覧

WBC

気がつけば1月ももう終わり。
明日からはプロ野球もキャンプインだな~
なんて思っていたらふと思い出したことが。。。
そう、今日はWBCのチケット発売日だった!
夕方になって気づいてHPで販売状況をチェック。するとラウンド1の日本での試合は…
ほとんど売り切れ007.gif
それでも日本ラウンド決勝は見たい!!
ということでコレです。
b0130569_22453228.jpg

そう、3塁側2階席。韓国側です(日本ラウンドでは日本は全試合1塁側、韓国は全試合3塁側だそうです)。
ということで、応援は、ひっそり、こっそり。でも恐らく韓国側も熱狂的な応援団は1階と外野席でしょうから、ゆっくり見られるとは思うのですが。
先発は、松坂!?
4番は松中!?
原さん、まさかこの試合に出てこないなんてこと、しないでくださいね!!

P.S
それにしても自分で印刷するチケットって、どうなんでしょう??

[PR]
by HandDphoto | 2009-01-31 22:54

ヨメの実家でお正月

福岡の元旦はカミさんの実家周辺以外は結構雪降ったみたいで、まわりの高速は全て通行止め。実家周辺は舞うぐらいで全然積もっていないんですけどね。。でも寒かったのはたしか。
それでも2日からは天気もすっかり良くなり、翌3日に電車ですぐの街までお出かけして来ました。
b0130569_20581036.jpg

かつてはそごうデパートもあった(今は井筒屋という地元百貨店)黒崎という街です。それにしても寂しい雰囲気ですよね。駅前の大きなアーケードなんですが、お店はほとんど閉まっているし人もまばらだし…。ていうか、人、全然いないし……。。
でも行きたかったのはココではなく黒崎さか2駅離れたココです。
b0130569_2173167.jpg

折尾という駅なのですが、なんといってもこの駅舎がシブい。なんでもこの駅舎は1916年に建てられたもので、九州では門司港駅とともに古い駅舎として有名なんだそうです。当時はかなりモダンな建築だったんでしょうね。今でもその雰囲気は十二分に醸し出しています。で、中はこんな感じ。
b0130569_21181239.jpg

この柱。なんともいえない古き良き時代を感じさせますよね。さすが、かつては八幡製鉄所と筑豊炭田地帯を結ぶ交通の要衝として栄えた駅です。なんでもここの駅の鹿児島本線と福北ゆたか線・若松線の立体交差は日本初の鉄道立体交差だとか。ほんと歴史を感じさせられる駅舎です。いっぽうホームはというと
b0130569_2124794.jpg

「停車場」という言葉がピッタリ。ノスタルジックな雰囲気です。
ノスタルジックといえば駅前も。
b0130569_21281199.jpg

駅前に堀川という川が流れているんですが、この川沿いの飲み屋街。昭和の香りプンプンです。この堀川というのも元は江戸時代に筑豊から石炭を運ぶために作られた運河だというのですから、やはり石炭と鉄で一時代を築き上げた街なんですね。でも今となっては石炭も鉄もなくなってしまい、この駅舎も今秋には再開発で取り壊されてしまうとか。ちょっと寂しい気もしますが、これも時代の流れでしょうがないことなんでしょうか。

[PR]
by HandDphoto | 2009-01-08 21:55 |

クルマで帰省です

今回のお正月。
ほぼ1年ぶりにカミさんの実家に帰省しようと計画している中、深夜のETC5割引を知り思い切ってクルマで帰省することにしてみました。
ウチ(神奈川)からカミさんの実家(福岡)までの距離はおおよそ1100km。もちろん今までこんな長距離走ったことないので
「はたしてどんなもんなのか?」
と思いながらも、一応の準備だけはしっかりと。ということで、タイヤの空気圧、ローテーション、オイル&フィルター交換をやって出発当日(12月29日)を迎えました。
渋滞回避&5割引Getのため出発は夜7時過ぎ。近くで夕食を食べ、午後9時ごろ厚木I.Cから東名高速へ。さすがに帰省渋滞は解消されていましたが、それでも交通量はかなりのもので、70~90km/hぐらいの速度で巡航です。まあ移動距離1100kmと超長距離走行なので
「ゆっくり、ゆったり、ストレスフリーで」
を心がけていたので、交通量に多少のストレスを感じながらも楽な感じで走行できました。こんな感じで最初に休憩をとったのはココ。
b0130569_2210245.jpg

浜名湖S.Aです。
到着時間は午後11時半ごろでしたが、深夜とは思えない駐車場の混雑にちょっとビックリ。売店も通常の休日の昼のような客の入りは、さすがは帰省ラッシュ。
浜名湖S.Aを後にして、豊田JCTから伊勢湾岸自動車道に入ると3車線で交通量もグッと少なくなり走りやすい環境になってきました。でもスピードはあくまで90~110km/hぐらいをキープ。あくまでストレスフリーで。四日市JCTから東名阪自動車道、亀山JCTから新名神高速へと進んでゆきます。
今回の行程で一番心配だったのは名古屋~京都間の「雪」だったんですが、この日は晴れていたのでその心配もなく順調に次の休憩地へ到着です。
b0130569_2230521.jpg

京都を目前に控えた大津S.Aです。距離にして400kmちょっと。普通ならかなりの距離を走ってきた感じなのですが、今回に限って言えばまだ半分以下。時間は午前2時になろうとしていました。
大津S.Aを出て阪神高速。日本一古い高速ですが、車線は狭いし路肩も狭いしさすがに新しい高速とは違って走りにくいですね。でも京都をすぎるとかなり改良されていてグッと走りやすくなっていました。
吹田JCTから中国自動車道、神戸JCTから山陽自動車道へと進む頃にやっと行程の半分を通過。そのまま一気に岡山県の吉備S.Aへ。
b0130569_22521426.jpg

ここまで来てもまだガソリンメーターは余裕があったのですが、予定通りココで給油です。満タン法で燃費計算してみるとおおよそ15km/L。さすがはほぼ高速走行でエコランです。これがV40じゃなくてゴルフヴァリアントTSIあたりだったらどんな記録が出るんでしょう??
まだまだ夜の明ける気配が全然ない中、次なる休憩ポイントは宮島S.A。
b0130569_2374451.jpg

6時過ぎても夜明けの気配なし…。
西はやっぱり夜明けも遅いですね。と思っていたら、宮島S.A出る頃にようやく空が白み始めてきました。
長かった夜も明けて「いよいよゴールへ」と思いながら走り始めた矢先、なんと中国自動車道の美弥I.C美弥西I.C間が前夜の事故処理のため通行止め。
「何だソリャ!」
と言っても始まらないので、美弥I.Cで止む終えず高速を降りました。したがってETC5割引もココまで。下道をトコトコ走って小月I.Cで再び中国自動車道に乗り、ついに本州最西端に到着。
b0130569_23261556.jpg

壇の浦P.Aです。ここまでくれば走行距離も1000kmオーバー。耐久レースなみの距離をノントラブルで(なにかあっては困るのですが…)でやってきましたが、このP.Aで何台もの関東ナンバーのクルマを発見。関東から九州へ自動車で来る人、結構いるんですね。
関門海峡を眼下に臨むココ。当然関門橋も目の前に大迫力の光景です。
b0130569_23391392.jpg

この後、関門海峡を渡って門司I.Cから北九州都市高速へ入り、無事ゴール。
それにしても1000km以上離れた九州のカミさんの実家に自分の車が止まっているのってちょっと不思議な感じですね。ボルボのシートのおかげもあるのか、思っていたほど疲れもしなかったのが一番の収穫かな。また夏とか昼とか違うシチュエーションで行ってみたいですね。

[PR]
by HandDphoto | 2009-01-06 23:49 |


愛車と美味しい物と日常の出来事を綴ります


by HandDphoto

プロフィールを見る
画像一覧

S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カテゴリ

全体
お出かけ



日常
登山
赤ん坊
未分類

以前の記事

2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 02月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 08月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 08月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月

Link

ライフログ

検索

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧